2017年8月アーカイブ

新国立2.jpg

 

駅観光動画は東京メトロ全駅、都営は大江戸線を完了。次の都営線を考えていたら何とほとんどの駅が既に制作済み、つまり乗換駅は制作済みということで、いったん止め置くことに。何か要望が来れば考えることにしました。

そこで、4K65インチモニター購入と合わせて4Kビデオ映像を直接モニター出力してみたら、何ととても精細で美しい。ショックを受けました。4K映像は今まで撮影しても2Kのプロジェクトに載せいてたので少しきれいな2K映像でした。

これは4Kビデオ映像を50メートルのHDMIケーブルを付けて4K65インチに映すテストをした時に発見。衝撃が走りこれからは4K動画にすると決めたのです。PCも4K編集用に新しくしてありますから何も問題はありません。

少しビデオカメラが重い、三脚を持ち歩くので疲れるのが問題ではあります。

更に撮影は30P100Mで撮影しています。データ容量は60Mの約倍、パーンするとデータ処理が追い付かずにエラーになりやすい。固定でも動く被写体だとたまにデータ書き込みが追い付きません。それでも画質を上げるために100Mで撮影しています。

Youtubeには4k最高画質のファイルをアップしていますから4kモニターで見ていただくと美しく映ると思います。

秋DSC_1469のコピー.jpg

三重スタジオの地区は8月25日から稲刈り開始。

都内では実りの秋はありませんが、三重スタジオ地区には実りの秋があります。とても美しい景色だと思います。

夜になれば満天の星空ですからね。

人にはそれぞれの人生があり、他人と比較する必要はないと言われます。確かにその通りだと思います。

私は都内と比べることで三重県の魅力がはっきり見えてくると思っています。比較しないと多分分からないのかもしれません。だから、都内の人は地方の生活に満足を覚えるのかもしれません。

東京も三重県もそれぞれいい面があります。

ラーメンDSC_1503のコピー.jpg

三重スタジオのラーメンは作る時に最後に全部フライパンに入れてフライパンに着いた旨みをどんぶりに入れます。

豚肉や野菜、スープも麺も全部フライパンに入れるところがポイントです。

一度料理番組でやっていたのでいつもこの方式で作ります。

ビールは遺伝子組み換え材料を使っていないものを飲むようにしています。コーンスターチの入っていない一番搾り、プレミアム、恵比寿の中から選びます。これもお好みですから。

遺伝子組み換えの材料を飲んで、身体に免疫をつける人もみえるでしょうから、コーンスターチの有無の善し悪しなんて本当は分かりません。

絵画館DSC_1460のコピー.jpg

明治神宮外苑にある聖徳記念絵画館に行ってきました。

どうして明治時代の日本は西欧の300年をわずか40年で近代化できたのか。理由があるはずです。

結論は明治天皇の五カ条の御誓文を旗頭にして国民が心を一つにして近代化にまい進した。その基礎となる教育は教育勅語で子供たちの教育方針を統一した。その結果西欧に比べて7倍もの速度で近代化を推進できたと考えています。

日本は集団で取り組むのが得意、西欧諸国は個人主義、そこに集団の団結パワーが7倍の力を発揮したのでは。

現代においても天皇陛下が新しくなられたら、五カ条の御誓文のような国民が目標とする錦の御旗を示されたらいいかもしれません。自由主義はいいのですが、反日分子が政治の足を引っ張る。反日マスコミが都合のいい反日情報だけを流し続ける。この乱れた社会を天皇陛下の錦の御旗で国民の目標を一つに出来たなら、今の数倍の国力になるかもしれません。GHQの日本人洗脳プログラム「日本は悪かった教育」に終止符を打ち、真実の歴史を教えるようになることも。

奇跡の時代を作った明治天皇の威光を感じる「聖徳記念館」は近くに行った時は必ず入館して日本の歴史を感じ、未来の日本に貢献できるように働く意識を持ちたいものです。そのために作られているのだと思います。

実際は日本全体が一つにまとまらなくても、いや三重県の地元地区だけでも、いや家族だけでも明治の奇跡を感じて家族が団結して助け合って生きていくことの大切さを伝えたいものです。

弁当千駄ヶ谷DSC_1448のコピー.jpg

新国立競技場建築状況動画取材のために千駄ヶ谷へ。

4K撮影なので三脚が欠かせません。手持ちでは精細な映像がぶれますから。三脚は小型でも一日持ち歩くとやはり重いです。

このお店はお爺さんとおばあさんがやっているお店で価格も550円でした。とてもリーズナブルなのでお客さんが多くて売り切れます。

都内でも昭和のままの食堂が残っているというのが何か嬉しい気がしました。

ビールは置いてありませんでした。味もまあまあで、お袋の味でした。

多発DSC_1467のコピー.jpg

交通事故の統計は件数で脅すのが毎度ですが、ドライバーは事故率は高くないと知ってますからポスター見ても相手にしません。大げさに言っているだけだと分かっていますから。

マスコミと同じで自分たちの主張に合わせた部分だけを切り取って報道する。大袈裟にする。そんなことしても誰も相手にしないのに。

だから事故死件数を出すのなら、事故死率も出して死亡率は変わらないが走行する台数が増えるので渋滞も発生しやすくなるため注意するようにと広報すれば、なるほどと思います。

愛知県の交通事故死亡件数NO.1は確かに車が多いのでその分増えるのは当然。事故死率で見ると全国平均以下ですからいくら広報しても、誰も相手にしませんね。

http://www.20twentysomething.net/entry/aichi_trafficdeaths

広報というものは、正しい内容にしないと見向きされないということを広報担当の方は理解していただきたいと思います。

土地DSC_1443のコピー.jpg

三重スタジオの地域も田んぼを持っていて担い手さんに委託していると収入はゼロ、固定資産税や水利費は赤字。自分で農機具を買って耕作していたら大赤字という状態。黒字の家なんてありません。

山林も同様で、材木の価格暴落で山林は全部放置されたまま。伐採しているのは森林組合の機械による伐採だけ。だから山は荒れ放題。

このような状態ですから「捨てられる土地」相続放棄、未登記続出なのです。自分ちの山の場所さえ分からないというのが普通です。分からないと言って現地を見に行くこともしません。完全放棄ですね。

政府や行政が対策してきた結果がこれなのですから、手の打ちようがありません。

個人で何とか田んぼや山林が金を生むように考えないと、土地の価格もつかない有様です。当然買い手など全くありません。外国人が山林を買いに来たら簡単に手に入る状態なのです。多分日本中似たような状態だと思います。

先祖が汗水たらして増やしてきた土地が今では赤字を垂れ流す土地になってしまいました。そこに人口減少、過疎化の進行で限界集落に。それでも何とかしないと少ない田んぼでも子供に相続放棄されてしまいます。

耕地整理した田んぼは農地法で他の目的に転用できないので何ともならないのです。先祖伝来の土地が価値を失った限界集落物語ですね。悲しいことですが国や行政に相談しても何ともなりませんから、個人で対策を考えるしかないのが実情です。

能DSC_1565のコピー.jpg

能を習ってみえる方向けに発表会の舞台を撮影してブルーレイやDVDを制作出来ます。昔、謡曲を習っていたので要領は分かります。字幕用に謡曲本をお借りします。

能の世界は発表会でも謡曲の内容が分からないとお客さんの半分は寝てみえますが、映像に落とす場合はNHKのように謡曲の語りを字幕で入れると物語の内容がとてもよく分かり、感動して涙します。

撮影は会場制約に合わせて4台から5台のビデオカメラで行い、メインカメラでアップを撮ります。カメラの位置とアングルはNHKのように配置します。編集してブルーレイに落とせば大型TVで見れば本番同様に美しく見ていただけます。

知人に配布する場合も字幕が入ることでとても分かりやすくなります。

アマチュアの発表会映像をマルチカメラで撮影してNHKのように語りを字幕で入れたい方はご相談ください。三重県、名古屋、大阪、首都圏は可能です。

能楽堂で撮影した字幕入りマルチカメラ編集の見本もありますのでお問い合わせください。

FFビデオ制作 http://ffvideo.biz/

勝鬨橋DSC_1395のコピー.jpg

日本橋クルーズ船からの景色を4Kで撮れないか下見してきました。

三脚立てるとエンジンの振動で映像がビビります。4Kだとピタッと止まっていないと精細な映像が台無しになります。2Kならいいのでしょうけど。つまり三脚にエンジンの振動を吸収するプチプチ入りの靴下を履かせないといけないみたいです。

天候も晴天だと明るすぎますから、フィルターが必要になります。しかし、70分のクルーズ中に太陽が雲に隠れたり顔を出したりします。だから曇りがいいです。

以外にも海からの景色は陸よりも劣ります。珍しいだけで美しさでは負けています。勝鬨橋のポージングが決まっていないようです。人も同じですよね。見る角度によって美しさが変化しますから。

それでもクルーズ映像を撮りたいなと思っています。4Kならではの課題もありますから慣れながら解決していきます。

おじかちょうDSC_1439のコピー.jpg

メニューDSC_1436のコピー.jpg

日本橋の東京建物日本橋ビルB1の小値賀町(おじかちょう)で「平政贅沢丼」をいただきました。

一番人気ということで注文、食べ方はおしな書き通りで、最後にスープをかけて生節茶ずけで締めとなります。ちょって変わっていますね。夏場の刺身の身が緩んでいるのは仕方ありません。だって暑い時に刺身を食べる方が悪いのですから。

それでも平マサは歯ごたえがあってよかったです。ととても創意工夫された逸品で、「平政贅沢丼」の名前もいいと思います。

この食べ方は応用が利きますからレシピに追加です。

美味しくてリーズナブルなお店です。是非夜に行きたいものです。

ビデオの名前もこんなふうにカッコよくつけるといいかも知れません。

D東京駅SC_1442のコピー.jpg

東京駅の丸の内側駅前の整備が進んで、昭和初期の整然とした東京駅のようです。

2020年の東京オリンピックに向けて東京は急ピッチで再開発が進んでいます。地下鉄の絵はも明るくリニューアルされています。

三重県と比べたら丸で未来都市のようです。何処の国ももともと首都はそのような存在ですから不自然さはありません。

東京駅を見るアングルは正面の新丸ビルよりも丸ビルのテラスから見た方が美しく見えます。

鉄板板めしDSC_1330のコピー.jpg

ひまわりフェスティパリの帰りに清瀬駅前でランチをいただきました。鉄板には玉子焼きの上に板めし、その上にバターが載っていて暖かいうちな混ぜていただきます。

とても美味しいニンニクバター鯵の鉄板板めしでした。540円なのに美味し過ぎます。

http://www.kagetsu.co.jp/index.html

店内の冷房もしっかり利いていてとても居心地がいい。この店は25周年記念と言いますから味にも自信がうかがえました。

お店にとっての25周年というのは歴史が裏付けとなった美味しい味でした。

ひまわりDSC_1327のコピー.jpg

4kひまわりのコピー.jpg

東京都清瀬市のひまわりフェスティバルに行きました。池袋から30分かかりますから相当遠方です。埼玉県かと思っていたら県境でした。

清瀬駅からピストンバスが出ていて10分ほどで着きます。そこから1キロは徒歩になります。

https://www.himawaribatake.net/kiyose.php

毎年行われているようで、昨年はもっと背が高かったなどという声が聞こえていました。

高台が作られていてそこから全体が見えるのですが、人が歩くと床が揺れて三脚のビデオ映像も揺れます。最低です。長く撮影して揺れないタイミングを抽出することに。

風が吹いてひまわりが揺れる瞬間、虫がひまわりの蜜を吸いにくる瞬間を撮影してきましたが編集してみないと詳細までは分かりません。

4K映像は空気感間で映りますから美しい自然の姿は被写体として向いています。

大ふくDSC_1293のコピー.jpg

コーヒー大福はとても有名で、遠方からも買いに来るそうです。コーヒーの味がするものの絶妙な味わいで美味しいです。1個140円です。大福に少し飾りを入れてキチンとした箱に入れて美しい包装をすれば三越のデパ地下においてあっても不思議ではない位の商品。その時は1個250円くらいかな。

写真は上の白いのがコーヒー大福、下は抹茶大福。

冷凍と冷蔵があり、東京に持っていくなら冷凍と言われて、保冷剤でまいて東京に持ってきたら、味にうるさい女房もこれは美味いと一言。

伊賀市青山町の名物です。

三重スタジオに来られたら買いに行きましょう。青山峠を越えて片道30分かかりますが、その味は最高です。

地方には隠れた名品があることを知りました。和菓子をお抹茶で頂くようにしたいものです。既に河童橋で茶せんととお抹茶は買い求めてありますので、すぐにいただけます。私は裏千家であります。

http://www.shokokai.or.jp/24/2448112044/index.htm

お抹茶DSC_1315のコピー.jpg

築地本願寺の4K動画を取ろうとしたのですが、ただ今工事中で断念してお抹茶をいただいてきました。

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13113878/

築地本願寺横の伝道会館は宿泊も5000円でできますのでいつかは利用したいものです。二人なら9000円、洋室の場合はそれぞれ1000円高です。京都では寺院に泊まっていますから。精進料理ですがビールもありますから問題ありません。

http://tsukijihongwanji.jp/information/meal-stay

伝道会館というと思いだします。私は結婚式を三重県津市の浄土真宗高田派の本山の仏式で式を挙げ隣接する高田青少年会館で披露宴をやりました。どうしてかというと安く上げるためでした。だって簡易宿舎兼研修所でしたから。労働組合の研修でよく使用していたのでよく知っていました。そして、死ぬまで結婚式場が無くならないところとして高田本山を選びました。ここで式を挙げるのは年に3組くらいで変わり者が式をすると聞いていました。それでちょうどいいということに。

新婚旅行の予算は30万円しか無くて平家物語を訪ねて大阪から下関まで平家物語をたどりました。リュックを担いで、前日予約のビジネスホテルを泊まり歩いて。親からは一銭も金を出してもらいませんでしたから、その後の人生に親が口をはさむことはなく、長男なのに三重の実家ではなく家族全員東京住まいというわけです。結婚や新婚旅行の時から親離れすることで、その後の人生が自由になることは確かでした。

話を戻して、これからは和菓子とお抹茶を楽しむようにしたいと思います。出来れば和服も着たいものです。安物でいいから。加齢とともに日本の文化がとても気持ち良くなってきています。

風俗DSC_1296のコピー.jpg

名古屋、東海地区はもの作りの街ですからブルーカラーの若者が沢山働いています。そして日本経済を牽引しています。しかし、沢山働いている若者たちの休日の過ごし方はとても大切なことで、若者たちの性的ストレスを発散する場の提供について気にかけていると言います。警察は性犯罪防止の目的で名古屋の風俗は必要悪として規制を緩くしていると聞きます。新店舗も開設できるらしい。

だから、名古屋駅前に風俗ビルがあるというわけです。このおかげで性犯罪も無く、平和な社会が維持されていると思います。若者たちや中年男性の性犯罪を防止する目的で風俗が設置されているのですから、必要な時には利用してストレスを発散したいものです。犯罪に走ると裁判で徹底的に吊るしあげられます。そして実刑に。

酒もたばこもそれを必要とする人達がいる以上、規制の強弱調整は地元の実態に合わせて行うと言うのでいいのだと思います。全国一律でいいものと地域に合わせて緩くすべきものを選別することが大切だと思います。

区レイン三重DSC_1291のコピー.jpg

クレイン三重は30年前がら営業していて当時は月に一度はパーティもやっていました。女性会員が多く居ました。教官はイケメンが揃っていて下見に来た女性は大体会員になるという流れだったと思います。そして高額な年会費、乗馬の服装などもひとそろい買わせます。余裕のある人はマイ鞍も10万円で買っていました。そして究極は自馬を持つのです。調教管理費用が月9万円かかりましたけど。それでも国体選手候補は自馬でしたね。

http://www.uma-crane.com/map-mie-course/

私は2年間で60鞍、40鞍くらいから障害を飛ばせてもらったと思います。競馬上がりの馬ばかりで走りだしたら止まらないので振り落とされる人もいました。中には馬の背中に腫れものができていて、そこをくりぬいて鞍の毛布を載せていました。乗っているとだんだん毛布がずれてきて馬の腫れものに毛布が当たります。すると馬はロデオのように暴れ、ローンレンジャーのように立ちあがります。男の会員はそれでも振り落とされないというのが自慢になるので、腫れものの馬にもかまわず乗っていました。私も何とか振り落とされないところまで来ましたが、とても怖い経験でした。

想い出が蘇る乗馬クラブクレイン三重が大好きです。東京に来てからは千葉県などで乗ったことがあります。今は時間がありますから乗れるのですが、金が無いので乗れません。靴、拍車もズボンも鞭もヘルメットもまだ持っています。

名張にある乗馬クラブは俳優さんが練習に来るところで、私もビジターとして何度も乗ったことがあります。出来ればウエスタンスタイルで外乗出来るところ、あるいは海岸の砂浜を疾走できる乗馬クラブがいいですね。ところで今は80鞍ですから何処に行っても乗馬は可能です。

映画の乗馬シーンのエキストラならお声掛けください。

太鼓スタジオDSC_1305のコピー.jpg

昔からこの高架下の空き地は太鼓や管楽器のリハーサルスタジオです。ワンボックスで太鼓を運んできて練習しています。でも大太鼓の音はすざましくて車の騒音など軽く押さえて響き渡っています。それでも近くに人家が無いのでクレームが無いのだと思います。

太鼓の練習場所は山奥か海岸近くの高架下位しかないでしょうね。

街中のスタジオでは太鼓の音が筒抜けになると思います。

初盆のお茶ずけのコピー.jpg

お盆は地区の初盆の家の行事があります。地区の人が線香立てやお膳、落雁を貼り付ける板、墓場の提灯などを手作りします。この時もビールを飲みながらになります。

私も役員なのでちょいちょいとスマホで写真を撮って、自分が責任者の時に迷わなくていいように素材を集めていました。初盆に作るものが全く分かりませんからとにかく写真を残しておくと言うわけです。

初盆の時は実家の付き合いがありますので、いつも三重に詰めていてあちらこちらの初盆にお参りするとともら、自宅のご先祖様もお盆で帰ってこられるのでお念仏をあげなくてはなりません。

お盆の行事は親戚が顔を合わせる貴重な機会、いろんな話をして親睦をはかります。田舎の行事はとても面倒なのですが、情報交換と親睦をはかることで地区の団結を維持するものだと感じます。自分が責任者になった時はやはり行事の場を通して地域の課題を話したり、地域の情勢を話したりするとても貴重な場であると最近考えるようになりました。だからお盆はキチンと実家に帰って役目を果たしたいものです。もしいなかったらまずいですからね。

グアムへ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

武田先生の北朝鮮グアム攻撃ミサイルは、飛行高度が高すぎるので日本の防衛システムでは撃ち落とせないと説明。PAC

3の最高迎撃高度は15キロメートル、SM3は100キロメートル、ミサイルの高度は1000キロメートル。話になりません。

ではどうして迎撃できないにも関わらずに自衛隊はPAC3を展開配備したのか? 不具合で落ちてきた場合の対策でしょうね。

つまり日本の専守防衛能力システムでは北朝鮮のミサイルが日本列島を横断しても迎撃できない。すると中国のミサイルも、韓国のミサイルも日本の上空は自由航行と言うことになり、日本の主権も何もあったものではありません。黙ってミサイルを通過させるのですから隣国の属国と同じ状態に。つまり今はミサイル航行においては日本列島が消えているということになります。

その実態を武田先生が暴露。多分政府も承知していて、先ずは武田先生に口火を切ってもらい、その後迎撃高度が高すぎて撃ち落とせないと公表、そして新しい迎撃システムを導入することになるのだと思います。今の防衛システムが役に立たないのですから当然必要になります。

このようなロジックが回転し始めているような気がします。

防衛はミサイル自体に突入してとても金がかかりすぎます。マッハで飛行するミサイルなんて落とせること自体奇跡です。敵基地をミサイル攻撃で殲滅しないとダメでしょうね。

テポドン2号は人工衛星と同じような高度だとすると、日本上空の他国の軍事衛星も撃墜できる能力を持たないとこれからの専守防衛は成り立たないのでしょうね。

 

 

NHK.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHKは昔から8月になると日本は悪かった特集を放送して、占領軍の日本は悪かった教育を維持継続してきたことは誰もが知っている事実です。

前回の朝ドラで出征兵士3人が無事に帰還したのは奇蹟でした。今までなら亡くなったり、戻ってきても手足を無くしたり、障害があって日本の戦争を徹底的に憎むという内容でした。憎むのは敵である米軍なのに何故か戦争行為や日本軍を恨むという矛盾だらけの脚本でしたね。とにかく日本軍の悪い麺だけをとらえてドラマにしますから、視聴者は日本は悪かったと洗脳され続ける訳です。

戦争で亡くなったおじいさんや叔父さん達の命をかけた日本を守る戦いをないがしろにしてきた放送局はとても困った存在です。

私は、放送局の労働組合が共産党系、あるいは社会党系のためにそのような脚本にしているのかと考えていました。公務員関係のサラリーマンは給料を上げてくれるのは労働組合の支持政党だと信じていますからどうしても影響があると思います。最近は自民党が給料を上げますから世が変わりました。労働組合員の支持政党もがらりと変わると思います。

ところで、NHKのクローズアップ現代は日本社会の理不尽な部分を取り上げて解決の先頭を走りましたし、自動車の衝突安全性能は正にクローズアップ現代で取り上げてもらって一気に行政も自動車会社も対応してくれました。クローズアップ現代のパワーは世直しの「水戸黄門」でしたね。

どうしても日本には一部の問題があると大きくして批判する傾向があります。週刊誌と新聞が煽り、TVが煽って視聴率を稼ぎ世直しをしていたクローズアップ現代も一線を退くことに。確かにやらせの部分はあったものの一部なら残りの9割を評価して世直しを続けて欲しかったです。日本中に助けられた人は沢山いる筈です。

NHKはどうしても完ぺきを求められるので気の毒な面もありますが、この「日本は悪かった洗脳」に加担することだけは許せないと思います。

武田先生のブログが拡散してNHKが放送法を順死守して日本軍のいい点と悪かった点を平等に取り上げるようになることを期待します。今まで悪かった洗脳に加担してきたのですからこれから70年はアジアの植民地解放を実現した輝かしい歴史を取り上げて英霊の御霊に捧げて欲しいものです。

NHKは右も左もなく、日本人としての誠を貫く生き方をしてほしいものです。それが受信料を払っている視聴者へのサービスですから。

 

 

 

 

 

 

終戦焚書坑儒.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武田邦彦先生の終戦の基本的な考え方はよく分かります。私の子供たちに知ってほしい話です。

焚書坑儒で800種類の日本の図書を灰にされて、日本は悪かった教育の図書に入れ替えられた。それを元に学校教育が行われたのですから日本人が反日思想になるのも頷けます。しかし、いつまでも洗脳が覚めないのも問題だと思います。公共放送と大新聞が70年間も占領軍の日本は悪かった教育を維持継続していたなんて、受信料がどぶに捨てられたのと同じです。

昔から公共放送は赤思想だと言われていましたし、毎年の8月の終戦番組やドラマでは日本は悪かったを必ず織り込んで、これでもかこれでもかと繰り返していました。ひどい話です。

聞くところによると、公共放送は洗脳が溶けていない人たちばかりで番組を作るから、日本は悪かったの繰り返し番組になるそうです。問題は良かれと考えて製作しているらしいので、ひどい話です。

大新聞の場合はとにかく営業第一ですから煽りたてて新聞の部数が伸びればいいという考えですから、日本が悪かろうが、芸能人の下ネタだろうが国民が選出した政府を批判するという反日行為を繰り返すなど、読むに堪えない記事を書いていますから、天罰が下るのを待つしかないと思います。読者は確実に離れていくと思います。

ただ最近はネットで魂を入れた情報番組が流されるので、反日マスコミや反日TVや在日が作るニュースなどの正体がどんどん暴露されています。反日議員の正体も暴かれています。隣国の資金で活動する反日政党も酷い存在です。それらがどんどん暴かれていますのでそう言う意味ではいい時代になったと思います。

日本の歴史を正しく理解することで自分の立ち位置や子供たちの安全などの課題を解決していけるといいと思います。

今は、思想の右も左もなくて日本人として正しい、人として正しい「誠」の心で考えていくようにしたいと考えています。

排水路DSC_1278のコピー.jpg

写真は林道の低い位置にある排水路です。一度台風が来ると排水路に雨水がなが込んで土砂がたまります。3か月に一度は土砂を取り除かないと雨水が溢れて山林の材木を流し始めます。

水がたまっていますから先ずは水路の土砂を一部取り除いて排水します。乾燥してから土砂を土嚢に入れて排出します。

問題は材木価格が低迷していて、誰も山に入らない。山の手入れもしない。だから林道の排水路が詰まったままで放置され、雨水が溢れて山林を流れて木をなぎ倒します。材木価格の低迷は米と同じで政府の政策でこうなっています。

そして農業が崩壊、林業が崩壊して台風の度に流木が流れ出します。だって誰も山に入らないのですから山は荒れ放題、水は川や排水路を流れずに山の低いところを勝手気ままに流れます。

そこで、たとえ自分の関係する所だけでも治山治水を維持して暴れる雨水をコントロールしてやろうという気持ちで排水路を管理しています。先祖の残した山林を管理しないで自分があの世に行ったら山を育てて亡くなった親父にこっぴどく叱られますからね。金にならなくてもやることはやらないといけません。

水路の金網の蓋(圧接型グレーチング)は30キロを超える重さで外したり戻したりするだけでも重労働です。ツルハシを使わないと外せません。金網は入れてあるといいのですが長期間外しておくと間隔が狭くなり入らなくなり地面の動きも感じます。台風の後は水の流れを点検する訳ですが、オーバーフローした痕跡があると必ず対策を打ちます。そうすることで台風の時も林道を流れる水の様子が頭に浮かびます。幾ら降っても排水路が機能していればキチンと水路に水が流れていきます。

結構工夫する所と重労働があり、映像を製作するときのような楽しさもあります。溝の鉄製のふたは5000円以上する様で昔盗まれたことがありますね。

幸福.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

武田先生の所得と幸福の考え方が良く理解できます。

明日は今日よりいい生活になるという明日への希望、年収600万で家族が一致協力して生活して行かないと生活が立ちゆかない環境。父親だけでなく母親も働きに出てやっと生活が回っていく。あるいは、父親の収入だけでやっと家庭が回っていく。共稼ぎで1000万円を稼いでも家庭は幸せにはならない。

この「衣食足りて礼節を知る」ためのギリギリの収入の生活こそが家族団欒、家族の協力体制を維持、向上させようという活力を生んでいる。だから1000万円、2000万円の年収の家庭より幸せを感じる家庭になる。その通りだと思います。

私たちはとかく年収が増えるほど幸せになると考えていましたが、振り返ってみると収入が増えるほど家族がバラバラなっていく、バラバラに生活していく資金ができてしまう。この悲劇に気がつきませんでした。

父親だって年収が1000万を超えて1500万円になると高級車を買うし、飲み食いも自由になりますから外食が増え、愛人も持つことができるようになります。仕事の時間も増えて残業の日々、家族と過ごす時間が減ってきます。ゴールドカードやプレミアムカードを持てるようになってそれこそ自由にお金を使っても直ぐに残高が元に戻るという生活になります。

中小企業の社長だと2000万円も収入がありますから隣国の留学生を大学入学と同時に愛人にしてマンションを提供してやるその代わり4年間は愛人になるという契約をしていると聞いています。卒業後は他人になる。そのリクルート方法は留学生が夜の世界でアルバイトするとそこのママが社長たちに斡旋して手数料を取るという仕組みらしいです。留学生も家賃なしでマンションに住めますし、社長は若い肌を抱いて若返ると言う訳です。男は収入が増えるとほとんどの場合女に手を出しますからね。社長は愛人のマンション代やママの斡旋手数料はちゃんと経費処理しますからうまくしたものです。社長の若返り健康管理経費ですね。

話を戻して、幸せ感は家族が一致団結してもっといい生活ができるように頑張っていく日々の生活の中にあったようです。

 

 

終戦.jpg

 

 

 

ドクター中松氏の話を聞くと日本人としての勇気が噴き上がります。天皇陛下と日本軍は人間としての誠を貫いて終戦、その結果今の繁栄につながったと思います。市民を大量虐殺する原爆を落とすような国に誠があるとは思えません。皆殺しでも勝てばいい。人としてのルールも何もありません。有色人種の国を植民地にして遊んで暮らしていた白人国家の考え方は武士道の日本人とは考え方が違います。

日本はかつて一度も戦争に負けた事はない。米国への日本の原爆投下が人類の破滅につながるという理由で天皇陛下が却下された。日本側の外交下手もあり一旦提示された領土安どの有利な和睦条件も蹴っていた。日本軍が今だ優勢だったから。

原爆投下された後の御前会議で陛下は終戦を決意された。日本が米国に原爆で報復するのを認められなかった。日本は必ず勝てると主張した軍トップは結局陛下を説得できずに介錯なしで割腹自殺した。

戦後の情報は全て占領軍に検閲統制されていますから米国正義、日本は悪かったと歪曲しています。私たちはそれを信じていました。

どうして陛下は終戦を選ばれたのかと言っても既に遅く、終戦とともに政府も新しくなったおかげで今の日本が有るのだと言われています。

もし、米国に日本の原爆を落として沢山の命を奪ったとして、米国との間で和睦になったとします。満州、樺太、千島、朝鮮が残ったとしても、今の日本の繁栄につながったのかどうか。日本の政治体制が崩壊して華族制度がなくなり、農地解放があり私たち水飲み百姓が救われました。全く新しい政治体制になったからこそ今日の平等な社会に復興したという説の方が有力です。

旧い政治体制のままなら、こんなに住み心地の良い社会主義化した自由主義の日本社会にはなっていなかったと思われます。だから結果オーライと言えます。天皇陛下の終戦の判断は正しかったと思います。水飲み百姓だった我が家も救われました。

しかし、このドクター若松氏の話を聞くと日本人の偉大さ、強さが伝わってきて、勇気がわき上がるのを感じます。

この情報が拡散すれば隣に位置する「やくざ国家」はビックリ仰天するでしょうね。到底日本と戦って勝ち目がないとわかりますから。

私は日本のために、子孫のために、社会のために役に立たなくてはならないと突き上げてくる勇気を感じました。

たいしゅうえんげきDSC_1157のコピー.jpg

浅草の浪曲、大衆演劇゛木馬亭」の入場料金を見たところ、シニア割引きが設定されていません。どうしてなんだろうと考えてみました。

http://mokubatei.art.coocan.jp/actual1.html

少し考えたらわかりました。だってお客さんはシニアが主体ですからシニア割りするのではなく一般料金がシニア料金そのものだと思います。

浪曲なんてシニア主体ですね。大衆演劇も昼間から見に来るのはシニアでしょうね。だから一般料金がシニア料金そのもの。

一度見に行きたいものと考えています。浅草にはいろんないろんな楽しみがありますので、一つずつ体験していきたいものです。

ランチDSC_1212のコピー.jpg

葛西臨海公園のシーサイドホテルでランチをいただきました。ホテルのレストランは結構高価なメニューでしたら一番お安いオムライスランチセットを選びました。1600円。かぼちゃの冷やしスープもついています。

http://www.h-seaside.jp/

このレストランは昔来た事がありますが、リニューアルして少し暗い目になっていました。メニューは1600円から5000円ですから、高級ホテルのレストランと言う感じでした。結婚式場でもありますから高級志向でした。

高地四万十フェアをしていて高知県の料理でしたが、お値段は高めでした。

ライブDSC_1216のコピー.jpg

葛西臨海公園はたまに芝生広場でLIVEを開催します。取材に行ったタイミングで準備作業が行われていました。

野外ライブは大きな音がつきものですから、葛西臨海公園になら海に突き出でいますから音も海に向けています。近くに家もありませんから都内では貴重なLIVE会場なのかもしれません。

会場の裏に白いテントを張り巡らせて作業員が休憩できるようになっています。

知合いの息子さん24歳が都内でこのようなLIVEの会場設営の仕事をしていたのですが、高所作業、時間制限、休憩より仕事、とてもタイトなスケジュールで身体が持たないと聞いています。

一週間前から設営を開始して、本番、一週間かけて撤去して現状復帰。大変な作業だと思います。足場屋さんがステージや照明のタワーを組みたてますね。足場屋さんはとても速く組み立てます。音響さん、照明さん、トイレやさん、プロデューサー、監督、美術、いろんなプロたちが一気に集中してやる仕事ですね。

下町コメディのコピー.jpg

下町コメディ映画祭は浅草文化観光センターのワンフロア―を使って宣伝していました。

http://www.shitacome.jp/2017/index.html

都合がつけば見に行きたいものです。

浅草はコメディや寄席などの歴史が長く有名人も輩出しています。

寅さんは国民的アイドルです。

浅草文化観光センターの8階は展望コーナーが有って浅草寺の仲見世通りが全部見渡せます。とてもいいロケーションです。

まぐろのずけどうんDSC_1148のコピー.jpg

浅草の24時間営業の磯丸水産でずけ丼をいただきました。ビール付きで960円でした。

ずけ丼は薄いマグロが二重に載っていて海苔が敷いてありました。リーズにブルでした。

浅草には沢山の飲食店があり、競争も激しいと思いますが観光客が多いのでやって行けるようです。

都内には24時間営業の店が沢山ありますから飲食はいつでもできるという点がいいと思います。

昼間からビールを飲んでいる人がちらほらでした。シニアは本当に昼間から平気で飲んでいます。確かに制約のあるサラリーマンを無事に勤めあげて、退職後は昼からビールもひとつの楽しみだという人がいます。

 

すいーつDSC_1140のコピー.jpg

インターコンチネンタルホテルベイ東京のニューヨークラウンジのスイーツをいただきました。

マンゴウを使っています。ランチに行った時の手土産です。

問題は味です。高級店はやはりその辺のスイーツ点と比べると一味違うのです。美味しいのです。人生においてはやはりワンランク上の味を楽しんでおくのがいいと思います。いつもの安いスイーツばかりでは身体も美味しい味を記憶できません。

カレーDSC_1176のコピー.jpgカレーぐざいDSC_1174のコピー.jpg

女房からカレーのリクエストが来るようになってとても嬉しく感じています。

野菜は三重県産、牛肉300gは肉のハナマサです。

ルゥは今回は中辛、隠し味にはいろんな調味料を使います。

何と言っても玉ねぎを飴色に炒めるのが大切な点です。

カレーは最低120分かかるのですが、やっぱり美味しいのでリクエストがきますね。

せんそうじDSC_1162のコピー.jpg

浅草の浅草寺は寺院なのに神社の様な気がします。人々は何を目的にお参りしているのだろう?

私は寺院は亡くなった人を弔うところ、神社は今生きている人の願い事を祈願する所。きっちり分かれていると考えています。

しかしながら、浅草寺にお参りしている膨大な観光客は死者を弔っているのだろうか?  自分の願望を祈願しているのではないだろうか? と素朴な疑問を感じました。

日本の宗教感は何も制約が無くとても自由なものですから、神社も寺院も特に区別する必要もない、死者を弔おうが願望を祈念しようが気にしていないのかもしれません。

宗教に何もとらわれずに生活できる自由な日本社会はとても住みやすいと思います。

観光客がキリスト教であろうが儒教であろうがイスラム教であろうが、お賽銭を上げてお参りすることに違和感はありません。

宗教にのめり込まないと平穏な生活が営めない国家、厳しい戒律を強制される国家、外国の観光客は日本は無信教の国民が安全に暮らしていることをどう感じているのでしょうかね。

日本の神社仏閣は経営最優先でとにかく収入を確保すること、お賽銭、祈祷と商売のひとつの様な感じです。神社仏閣業ですね。だから制約なんて何もないように感じます。

顔帽レディ2DSC_1222のコピー.jpg

顔帽レディDSC_1221のコピー.jpg

若い顔帽レディに魂を抜かれていますね。どうも若い女性には弱いのがまずいです。アルコールが入って理性が消え始めて本性が出てきています。こんな笑顔は到底作れませんから。

特別の帽子だそうでとても高価だと聞きました。耳もついています゜。地下鉄の中で「顔帽レディ」に変身すると皆さん驚くといいます。

帽子の力で人を楽しませたり驚かせるなんてすばらしいデザインの力。

顔帽レディさんは某映画ロケ隊で4年前に初めてお会いしています。集まりで会うとお声がけいただくのでうれしいのです。人は初対面の印象がやはり残っていてなかなかいい娘だなと感じるとずーとそうなのです。

なかなかお洒落な女性です。

今度帽子屋に行ったら男性用を探したいものです。

悲しいシーンの照明DSC_1183のコピー.jpg別れのシーンDSC_1203のコピー.jpg

NHKの朝ドラはハリウッドの心情表現と共通です。女優と同居していた父親を取り戻しに行くシーンでは、セットの全部の窓から照明を入れて逆行を作り4人のキャストさんの顔を暗くして、それぞれの複雑で暗い心情をきっちり表現していました。プロの世界では当然のことでしょうね。

見ている方もその心情演出があるからこそ暗い心情が良く伝わりました。父親は記憶を無くしていて突然家族が引き取りに来て戸惑っています。女優さんは2年間も同居していた記憶喪失の男が出ていくのでとても悲しい。引き取りに来た妻は女優と同居していた記憶喪失の夫と対面、引き取るという後ろめたさ、複雑な心境。みねこも女優と同居していた父親を引き取るという複雑な心境。

一人が悲しい場面なら一人だけ逆光ですが、4人がテーブルをとり囲んで座って4人とも暗い心情ですから、四方からの逆光となったのでしょうね。

私たちの映画でも脚本が上がってから1から2カ月かけて心情表現と照明の関係を作りこめば更に良くなるだろうなと感じた次第です。

私も記憶を無くしたら女優さんに拾われるようにそれらしいマンションの庭にたたずみたいものです。しかし、直ぐに警察に通報されてしまうでしょうね。そんなにうまい話はドラマの中だけですね。

宮の雪のコピー.jpg

黄色い包装紙の清酒宮の雪は15年前には都内でも木場の武蔵酒店くらいしか置いてなかったのです。門仲の三重ノ海のちゃんこ屋、新宿のホテルのビルに入っている割烹位でした。武蔵酒店には何度も通いましたし、行くとおかみさんが50円値引いてくれましたね。懐かしいです。

私はクイズに当選して酒が当たり、営業の人とも話す機会がありました。当時から見れば営業開拓が進んで量販店にも「宮の雪」が置かれています。このお酒は料亭、高級店に置く酒で、沢山飲んでも一度も二日酔いしていません。冷やと燗の味が殆ど変わらないのが特徴の高級清酒です。私は他府県のものに負けないと思っています。

行徳駅近くのイオンリキュールには一升瓶を販売していますが、何と三重県と同じ価格なのです。運賃はサービスしていますね。

https://www.saketime.jp/brands/1293/

http://www.miyanoyuki.co.jp/seisyu.html

ろっくざDSC_1156のコピー.jpg

昔は憧れであった「浅草のロック座」。常連客がひいきの踊り子に花束やプレゼントを渡すのです。

気がしれないと思っていましたが、ひいきの娘ができるほど通いつめて一度はやりたかったです。でも今となってはどうですかね。

身体が若くてギンギンの時に見るものかもしれません。せり出したステージが独特で美女が沢山出ますからなかなかのものです。

一度沢尻エリカ様が出ていた時に入らなかったことが今でも悔やまれます。迷ったら実行のはずなのになぜか入れなかったのです。とても残念です。エリカ様を生で見たかったですね。入り口で看板を見たのに悔やんでいます。

だから前を通った時には誰が出ているのかつい確認してしまいます。

http://asakusa-rockza.com/#
シルバー割引があるのですが、よく見ると20:10分以降は3500円ですから、東京住まいの人には殆ど意味がありません。多分、地方から東京出張してきたお客さん向けで見てから新幹線で帰るという人を対象にしていると思います。

セカンドライフならひいきの娘を作って通い詰めて花束を渡したり札をはさんだりするのもいいかもしれません。

DねつSC_1101のコピー.jpg

熱中症は二回目です。一回目は名古屋エルシドのサルサダンスパーティで身体が火照って冷めなくなりました。暑いのに水を飲まなかったせいです。ポカリ2本で収まりました。熱中症になるとエアコンの吹き出し口に立っても身体のほてりが取れなくなります。

今回は三重から東京移動した日に少し熱中症気味かなという感じ。葛西のドトールに入ったらとても強い冷房で身体はすっきり。ドトールの冷房さまさまと思っていて、家に着いてから焼き肉でビールを飲んで寝たら、身体が火照り始めてシャワーを浴びても一向に冷めません。

エアコンかけているのに暑くて布団の上で寝られないので、床の上に寝るわけですがそれでも身体が火照って暑いのです。

明日の朝は来ないかもしれないと一瞬感じたほど。女房に話したら熱中症では死なないよ。暑い暑いとうるさくて眠れないと言われて。

シャワーを何度も浴びて無理やり目をつむりますが、うとうとしながら朝に。

次の日はいいかというと熱中症の「根」が残っていて身体が火照ります。朝の散歩に行きポカリ1本。それでもまで火照ります。

竹芝に行ってインターコンチの冷房で冷やして、帰りにソルティライチ1本を飲んで何とか収まりました。

いい年して熱中症なんて恥ずかしいです。だから医者にも行きません。自力で治すのが男の子。

熱中症の原因は何かについて考えてみたら、前日の三重スタジオの3時間に及ぶ牧垣の刈り込み、あまり水分を取らないで地上3メートルの梯子の上での刈り込み作業。まき用の剪定バリカンで刈りますが、左手も右手にも負荷がかかって疲れました。シャワーを浴びる時に体重を測ったら何と前日よりも0.8キロも減っていて69キロ。大喜びしました。しかし、減らし過ぎたようで熱中症の原因になったようです。過ぎたるは及ばざるがごとしでした。農作業や山仕事では0.5キロしか減りません。3時間で0.8キロの体重減は体調が崩れると言うことになります。すると身体を冷やすとともに汗で無くなった体液を補充しないといけないということになります。

牧垣刈り込みは庭師さんのように脚立を二台立てて足場を作ってそのうえに乗る方法に変えます。それなら安定していて楽に刈れます。梯子一台で刈りこむのは危険だし無理がかかります。その上熱中症の原因に。

火DSC_1107のコピー.jpgさかなDSC_1121のコピー.jpg

お誘いがあったので竹芝桟橋にあるインターコンチネンタルホテルベイ東京の「匠」に行きました。ここに行くにはドレスコードがあり皮靴、ブレザーと言われて大慌て。そういえば銀座でも然るべき人たちにはドレスコードがあり、皮靴、ブレザーで正装して出かけるものと聞いています。それがレストランや銀座を楽しむということらしい。スニーカーは××でした。

数年に一度くらいしか行けないところですからゆっくりいただいていたら満腹に。

豪華な内装のニューヨークラウンジでデザートとコーヒーをいただいていたら、隣の席で某社の社長さんが打ち合わせをされていました。

映像制作の打ち合わせはニューヨークラウンジでやると話が進むでしょうね。

https://www.interconti-tokyo.com/restaurant/the-lounge/

https://www.interconti-tokyo.com/restaurant/takumi/

かさDSC_1094のコピー.jpg手DSC_1086のコピー.jpg

「ひよっこ」の演出には天候もキチンと演出されていました。

行方不明だった父親の実と会って、一度は手を握るもののみねこのことが記憶にないので手を離します。手を繋ぐのは心が通じている、離すと心が離れる演出ですね。

このシーンの途中から雨音が聞こえてきます。これはみねこの心が泣いているという演出。雨の中に飛びだして途方に暮れるみねこに追いかけてきた父の実が笠を射しかけて雨を遮ります。これからのドラマの行くすえを暗示しています。実がみねこの泪を止めると言う意味です。心情を天候や手を繋ぐことで演出、隠喩ですね。

朝ドラは映画を見る時と同じように照明や隠喩、モチーフなどを注意して見ているとドラマのキャストの心情がよく伝わります。台詞なんて必要ないですね。だから楽しい「朝ドラ」なのです。

homepage_bnr.gif

最近のブログ記事

最近のコメント

カテゴリ

ウェブページ

タグクラウド