凄いね、祖祖父の100回忌を勤めて人の「悟り」について考えを整理しました。FFビデオ制作

| コメント(0) | トラックバック(0)

悟り00000000.jpg

浄土真宗高田派は100回忌までお念仏の催促をしてくるのはなぜなのか?檀家数の分だけ過去100年分のお念仏の請求書を寺院の本堂に張り出してあり、お念仏をすることで請求書が外されます。どうして浄土真宗はこんな課金システムを作ったのか?

結論から言うと親鸞聖人の「悟り」とは本能のままに自由に生きること。つまり、本能のままということは大脳が記憶したほんのわずかな教育や道徳や経験ではなく、遺伝子の命ずる本能のままに生きなさいということ。それは、先祖代々数万年前から伝わっている遺伝子の命ずるがままに、動物として人間の群れとして遺伝子を次世代につないで家族、地域、日本民族が永遠の命を繋ぐことであると言われています。植物や野生動物や魚の本能と同じで群れとして生き残るためのノウハウを記憶した遺伝子を子孫につないでいくことで種を永遠に繁栄させていく。簡単に言えば人も動物として生きるということですね。

そのためには利己主義ではなく利他主義、人間の群れとして遺伝子の継続に役立つ生き方をすること。

それが人の「悟り」であると。お釈迦さまも、キリスト様も、モハメッド様も、親鸞聖人もその他の高僧もこの境地に到達されたと聞いています。「悟り」は動物本来の姿で生きよという「シンプル イズ ベスト」な考えなのです。

話を戻すと、浄土真宗高田派の100回忌ものお念仏は「悟り」の境地を気づかせるため、先祖代々を振り返り自分の体に息づく遺伝子について考える機会を与えるシステムではないかと思います。

「悟り」といってもなかなか理解できないのですが、100回忌までのお念仏の場を通して、親せきや地区の人と交わり先人の遺伝子が自分の体に宿っていて、人は遺伝子の乗り物にすぎないと言われるように、自分が体験し記憶したことよりも遺伝子の命ずるままに、人の群れが次世代に命をつなぐことに貢献する人生を歩むことが、人としての最重要課題だと認識させるためではないかと。さもないと人間という種が滅亡してしまいますから。ただ全員が遺伝子をつながなくても人の群れとして、8割から9割程度の人が繋いでいけば人は繁栄していきます。諸般の事情で遺伝子を繋げない人は繋いでいく人に側面から協力することだと言われています。

そう考えるとお念仏のたびにお寺に支払うお金も「悟り」を気づかせるシステムを維持していくための必要経費だと分かりますし、ご先祖様の遺伝子を次世代に繋いでいく、人の群れの一人として遺伝子をつないでいくように務めなさいという教え、遺伝子の命を永遠につないでいく営みとして、なかなかよくできたシステムだなと感心しながらお念仏を唱えていました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ffvideo.biz/mt/mt-tb.cgi/1292

コメントする

homepage_bnr.gif

カテゴリ

ウェブページ

タグクラウド